わきが治療で未来が変わる|悩みは放置しない

精神的な影響

わき

はっきりとした原因は不明

多汗症は、暑さや運動などの行動が原因で汗をかくのではなく、通常生活で多量の汗をかいてしまいます。直接の原因はわからない事が多く、精神的なストレスが理由のひとつと考えられています。多汗症の多くは、失敗をしてはいけないと思うプレッシャーや人前での緊張、リラックス状態での多汗、朝に目覚めた時の多汗など様々なケースがあります。精神的な影響で恐怖感を感じた時に汗が出てくるので、別名として発汗恐怖症と言われることもあります。交感神経は緊張やストレスを感じると活発になり、これが敏感な人ほど多汗症になり易いと思われます。また、循環器、中枢神経、代謝異常の疾患がある場合も多汗症になる事もあります。しかし、精神的な事やその他の疾患がすべて多汗症に繋がる訳ではありません。

治療方法はいろいろ

ホルモンバランスの乱れが、多汗症になる可能性もあります。特に、女性では妊娠、更年期、月経などの影響でホルモンバランスが崩れて、これが影響することがあります。また、遺伝が関係して多汗症を発症する事も考えられます。生活習慣では大きな影響があると思われます。辛いものを過剰に食べたり、肥満であったり、タバコやコーヒーに含まれるニコチンやカフェインは交感神経を刺激するので多汗症の原因のひとつになります。多汗症の治療では塩化アルミニウム液の塗り薬が有効です。これは、汗管に直接に働きかけるので効果があります。皮膚科でも出されていますが、美容外科でも使用することもあります。内服薬では自律神経の乱れを改善する薬が使われます。また、漢方薬や多汗に効くツボの指圧、皮膚科での治療など様々な物があります。
そのほか、美容外科で手術を行う方法もあります。切開する方法になりますが、切開範囲は小さいので傷跡も目立たず安心です。病院のサイトなどで治療方法や費用を詳しく確認して検討するといいでしょう。